大吉土地建物

blog

  • 2014.12.09

    青年の夢

    今年も早いものであと1か月をきりました。
    どんな年? 一年を振り返りすこしでも夢に近づけましたでしょうか。

    とある青年の夢をひとつお話しさせていただきます。
    その青年の夢は、橋をつくる人になりたいこと。
    なぜか、橋が好きなんですよね。
    橋をかけること、自分が設計して
    そして、毎日毎日その橋が出来上がるのを
    この目で見届けること。

    うーん、素敵だな って思ってしまう。
    いまどきいるんだな・・・
    どんな時代でも橋って特別な意味をもっている様な気がする。

    向こう岸に行きたい、どうしてもこの先に行きたい人は
    たぶん泳いでいって、誰かを連れて向こう岸に行きたい人は
    船を作って・・・そして誰かのため、
    会ったこともない誰かのことを思ってくれた人が橋をつくった
    そんな感じでしょうか。

    ダイキちも、お客様との懸け橋にならせてください。
    ナンチッテ・・・
     
    ヴェッキオ橋

ページの先頭へ